読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のごはん。

おいしいごはんを食べるため、おいしいごはんを作ります。

低温調理器ANOVAがやってきた

 

前々から欲しかった低温調理器ANOVAをとうとう買ってしまった。

価格は24,000円。

調理家電としては安くはないかな。ただ、いろいろと応用が効きそうなのと低温調理というものをやってみたいという興味に突き動かされて、気づいたら注文していました。

 

私が買ったものはWi-Fiでも接続できる800ワットのタイプ。

到着するまでワクワクが止まらない!状態で待っておりました。

 

憧れのANOVAが届いたところ。

f:id:umarijima:20170121212754j:image

おほほ。胸が高鳴ります。

 

箱を開けちゃう。

f:id:umarijima:20170121212845j:image

 

おぉ〜確かにANOVAです!

動作確認のため、実際に電源を入れてみます。

ちなみにですが、ANOVAのプラグはそのままコンセントに挿すことができません。変換プラグが必要です。

ちゃんと買っときましたよ!500円もしませんでした。

f:id:umarijima:20170121213132j:image

これで使えるようになるはずです。

 

しかし、ここで思い出したことがひとつ!

しまった…低温調理用に何かしらのプラスチックボックスを買ってくるのを忘れてた…

 

直火にかけるわけではないので、100度くらいの温度に耐えられる素材の箱であれば使えるようです。

我が家には深さも大きさもある鍋がないので、事前に買っておこうと思ってたのですがすっかり忘れちゃいました。

 

仕方がないので、スロークッカーの内鍋をとりあえず使うことにしました。

取り付け部分は調整できるので、固定しやすかったです。

f:id:umarijima:20170121215226j:image

水をあっためてるところ。けっこう水流があります。そして意外とANOVAは太さがあります。

 

f:id:umarijima:20170121214259j:image

 

液晶画面はこんな感じ。初期設定では温度表示は華氏でされていましたが、専用アプリで摂氏表示に変更しました。

当然ですが水から加温していくよりも、お湯を入れたほうが設定温度に早く到達します。

 

しばらく様子を見ていましたが、幸いちゃんと作動しているようです。

そして、せっかくなのでこのまま実際に調理してみることに。

 

材料はこちら。準備は全てANOVAが到着するまでに済ませておきました。

f:id:umarijima:20170121215242j:image

f:id:umarijima:20170121215254j:image

コストコで買ったビーフリブフィンガー。日本語でいうところの中落ちカルビらしいです。

お肉の味が濃厚で安いし美味しいしでお気に入りなのですが、いかんせんスジが固い…なので焼肉にする場合は、余分な油やスジを丁寧に取り除いていました。

これが低温調理で柔らかくなってくれたらトロトロジューシーで美味しいのでは⁉︎と期待して購入してみました。

 

袋から出してさっと水洗いして(ドリップが多かったので)水気を拭き取ります。

f:id:umarijima:20170121215852j:image

f:id:umarijima:20170121215901j:image

f:id:umarijima:20170121215911j:image

 

サシが多いですね。スジも表面や中に入っています。普段でしたら取り除くところ、今日はこのまま調理します。

 

肉の重さに対して0.8%の塩を振り、ジップロックに入れ空気を抜いた上で冷蔵庫で一晩寝かせます。

調理の1時間前には冷蔵庫からだして、室温に戻しておきます。

f:id:umarijima:20170121220407j:image

 

とりあえず味見…ということでこれぐらいの量で。

 

これを鍋に沈めます。水流が思いのほかあるので、お肉が鍋の中で泳がないようにお皿で重しをしました。

f:id:umarijima:20170121222842j:image

 

60度で2時間。アプリで設定・作動させました。数字を打ち込むだけなので本当に簡単。

数分のプレヒーティングののち、設定温度に到達したお知らせアラームが鳴ったら材料を投入。

これだけ。

 

調理ができたら、これもアラームでお知らせしてくれます。

f:id:umarijima:20170121220905j:image

f:id:umarijima:20170121220918j:image

ジップロックから出したところ。切ってみます。

 

f:id:umarijima:20170121221001j:image

外側は熱が入った色ですが、中はきれいなピンク色。中心部分を指で触れてみると、ちゃんとあったかくなってました。

 

f:id:umarijima:20170121221134j:image

全部切り分けました。

 

これに片栗粉をまぶして、高温になったフライパンで殺菌のためざっと表面を焼きます。

f:id:umarijima:20170121221215j:image

 

アワビエキス入りオイスターソース(これもコストコで購入)で仕上げて、中華風炒めにしました。

f:id:umarijima:20170121221453j:image

 

お肉がジューシー!噛むと中から肉汁がジュワッと溢れてきて肉の旨味が口の中に広がります。

中はピンク色ですが生っぽさはまったくなく、レアの食感です。お肉の味が活きててこれはおいしい。

 

ただ、スジがトロトロ柔らかいという状態にはなっていませんでした。焼肉で食べるよりは嚙み切れるし食べにくいほどではないですが、私が理想とした状態とは違うな、と。

 

なので温度や時間を見直してまたトライしてみたいと思います。