読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のごはん。

おいしいごはんを食べるため、おいしいごはんを作ります。

スロークッカーでごはんを炊く。〜そして失敗〜

スロークッカー 料理

 

カレーブログを目指しておりましたが、そしてインドカレーもまぁまぁ作ってましたが、飽きました。

ので、普通のお料理ブログにしようと思います。

 

最近いろいろな調理器具に凝ってまして、それを試したいということもあります。

 

スロークッカー

電気で陶器製の内鍋にじっくり熱を通すことができるこの器具。

 

焦げ付く心配がないので、電源を入れたままほったらかしにできる便利さが特徴です。

外出前に材料を入れておくと、帰ってきた時には一品できあがっているのでお忙しい人にはいいのかもしれません。

 

私の持っているものはタイマーがついてないタイプですが、プログラムタイマーなるものと組み合わせるとタイマー付きと同様な使い方ができます。

 

私は幸い割とヒマ人なので、タイマーは使っておりませんが。

 

さて、炊飯。

なぜごはんをスロークッカーで炊くのかというと、今まで使っていたレコルトのヘルシーコトコトをある日落っことしてしまって壊したからです。

 

レコルト ヘルシーコトコト 2段同時調理器 レッド RHC-1R

レコルト ヘルシーコトコト 2段同時調理器 レッド RHC-1R

 

 

 

けっこう重宝してたんだけどな…致し方ありません。またそのうち買おうかと思います。

 

無印良品で買ったシリコンスチーマーでも炊けなくはないのですが、やっぱりきになるシリコン臭…

消去法的にスロークッカーでやってみることにしました。

 

洗米などの基本的なやり方は、炊飯器で炊く場合と同じです。

洗って30分ぐらい吸水させて、ざるにあげておきます。

 

準備ができたら、スロークッカーに水とともに入れてツマミを「強」にして2時間ぐらい加熱します。

 

f:id:umarijima:20170117115044j:image

だいたい2時間経ったあたりでフタを開けて底の方からひと混ぜしてみます。

 

しかし…これはヤバイ。まだちょっと水っ気が残っています。そしてごはんがねっちょり。

追加で30分加熱。混ぜてみる。

 

あまり変わらない…

米自体はきちんと熱が通って食べられる状態になってはいますが、いかんせん、おはぎのように柔らかい状態で、リカバリーするのは難しそうな雰囲気…

 

仕方ないのでそこで加熱をやめ、中を再確認。

ねっちょりごはんなのはどうしようもなさそうです。不幸中の幸いだったのは、鍋に触れている部分が美味しそうなおこげになっていたことでしょうか。

f:id:umarijima:20170117115623j:image

 

直接スロークッカーの内鍋に米を投入するのではなく、内鍋には水だけを張り、別途ステンレス性のボールに米と水を入れてそれを蒸し上げるという方式にした方がいいのかもしれません。

 

3合分のねっちょりごはんを食べきった後に、上記の方式で再チャレンジしたいと思います。