読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々のごはん。

おいしいごはんを食べるため、おいしいごはんを作ります。

チャパティつくった

パン 今日のインドごはん 料理

晩ご飯を作ろうと思ったら…冷凍のご飯がもう売り切れになってまして(しまった〜)。

 

おかずだけだと胃袋的に心もとないので、買ったまま置いといたアタ(全粒粉)を引っ張り出してきて、チャパティを作ることにしました。

 

 

どっかで見たウェブサイトによると、スーパーで普通に売っている全粒粉だとチャパティを作るにはちょっと粒が粗いらしく、インドの全粒粉を使った方がより良いとのこと…

 

 

てなわけで、インド食材店に行った時に買っておいたのですよ〜

 

ちなみにですが、私がいつも行ってる食材店は大阪・豊中にあるビスワスさん。

お店のホームページがないので、検索でヒットしにくいかも…私はたまたまこのページを見つけて通い始めました!

 

TNN 豊中報道。2:服部西町に「VISHWAS(ビスワス)」っていうインド食材のお店ができてる/豊中市民歴9年というインド人オーナーさんがやってる一般のお客さんにも優しいお店

 

プロの方も通うようなお店ですが、一般用に小袋でも売ってもらえます。

大袋しか店頭に並んでなくても、お願いすれば小分けにしてもらえましたよ!

 

見てるだけで面白くって時間が過ぎるのが早いです…

 

さて〜チャパティを作るのに必要な材料はこれだけ!

 

  1. アタ(全粒粉、可能であればインドのもの)
  2. 水(フツーの水です)
  3. 塩(コストコで買った海塩を使いました)
  4. ギー(あってもなくても)

 

f:id:umarijima:20161109192136j:image

 

今回はアタを200g、水を約120ccぐらいで練りました。

 

f:id:umarijima:20161109192151j:image

 

耳たぶよりちょっと柔らかいくらいに、水の量を調整しながら練っていきます。

 

ある程度まとまったらギーを大さじ1弱投入、生地に練りこみます。

 

生地がしっとりしたら、ラップを被せて30分寝かせます。

 

30分経ったら、切り分けて伸ばして焼き上げます!

 

f:id:umarijima:20161109192506j:image

 

これは修行の余地ありですね…(´-`)まん丸にならない〜

今回はお腹が空いているので、あまり気にせずそのまま焼いちゃいます。

 

f:id:umarijima:20161109192659j:image

 

うまくぷくーっと膨らんでくれました!焼き面に焦げ目が付いたらひっくり返します。

 

f:id:umarijima:20161109192827j:image

 

おぉ〜さらに膨らみましたね!香ばしい匂いが漂ってきます。

このあと、直火で軽く炙ったらできあがり。

 

f:id:umarijima:20161109192938j:image

 

このあいだ作ったレンティル豆のキーマカリーとシーク教徒のキーマカリーに合わせて食べたんですが、味の濃いカレーと全粒粉の香ばしさが相まってとても美味しかったです!

 

やっぱりインド北部の特徴であるどろっと濃厚なカレーにはピッタリでしょうね(食べやすさもそうですし)。

 

練る作業自体もけっこう簡単でしたので、お家に材料があればささっとできる一品だと思います。

 

焼いて置いておくよりは、生の生地を保存しておいて都度焼いた方が香ばしさを楽しめると思います。

(ちょっと面倒かもしれませんが)